精力剤の副作用

副作用もいくつか精力剤の種類がありますので、一概に言えない部分もあります。精力剤やED薬のの場合も人によって異なることもあるので良く理解しておきましょう。

単体で望まない作用が予測を超えて現れる場合

他の医薬品などとの相互作用

利用者のアレルギー体質などの素因

  • 精力剤の副作用

精力剤には、ED治療薬から市販のサプリメントまで幅広い製品が存在します。

市販のサプリメントタイプや漢方精力剤の中には、副作用がないから安心などとして販売しているケースがありますが、漢方だから安心とか、植物素材だから安心という事はありません。医薬品だけでなく、食品や漢方にも副作用の可能性は否定できません。

►ED治療薬・勃起薬

ED治療薬の副作用の一例として、ファイザーが公表してるバイアグラの場合、『市販後に5.27%の方に副作用又は臨床検査値異常が認められています。主な副作用又は臨床検査値異常は、血管拡張(ほてり、潮紅)97例(3.08%)、頭痛34例(1.08%)、動悸13例(0.41%)等であった。』重篤な症例は、正規品では報告されていないということです。シアリスやレビトラといったED治療薬の場合も、同じ様に、ほてりや頭痛を感じる方がいるようです。その他にも併用してはいけない薬や服用に関しての注意事項もあります。精力をつけたい、若いころの輝きを取り戻したいといった人の助けとなるのが精力剤です。最近では効果の高い精力剤も多いですが、精力剤の副作用を気にする人も中にはいます。実際に精力剤の副作用とはどういったものがあるのでしょうか。そんな精力剤の副作用について見て行きましょう。

精力剤の副作用として目眩がしたり、動悸が激しくなるということは経験した事がある人もいるでしょう。確かにこういったことはあるのですが、こういった動悸や目眩は一時的なものであることがほとんどです。またその副作用も人によっては意識できないこともあり、ほとんどの人にとってあまり気にする必要はないことと言ってもよいでしょう。しかし、精力剤にも適切な使用量というものがあり、副作用がほとんどないからといって使用量を超える精力剤の摂取は思わぬ深刻な副作用を生じさえsかねませんから辞めておくましょう。

しかし、特定の病気を患っている際には話が別になってきます。例えば高血圧や心臓病を患っているならば精力剤の使用は控えた方が良いでしょう。というのも、精力剤には勃起を促すために血液中を増進させるような成分が含まれており、それが心臓などに負担をかけてしまうからです。そのため何かの病気を患っていて精力剤を使用したいという際には副作用などについてしっかりと医師と相談するといったことが必要になってきます。

また精力剤の副作用が気になるという人は精力剤の種類にも注意を払ってみると良いでしょう。精力剤には大きく分けて2つあり、薬系統のもの、自然成分由来のものと分けられます。漢方由来の精力剤も自然成分由来のものに分けられるのですが、なるべく自然成分由来の精力剤を使用した方がより体にも安心です。